国産グッピー飼育日記ブログです。品種創作・グッピー販売情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guppy310さんが積極的に販売されているハイドーサル系
デルタ好きの私にとっては、背びれがゴージャスにできることは非常にウレシイのです。

一斉販売から数ヶ月経ち、かなり情報が集まってきましたが、
「ハイドーサル」というものが、そういう一つの因子なのでしょうか?
背びれを大きくする(まだ名も無い)因子の総称なのでしょうか?

わたしは後者だと思っています。ハイドーサルにも色々あるのではないかと!

ハイドーサルの写真を見る限り、うちのこいつも「ハイドーサル」っぽく見えますがどうなのでしょうか??
DSC07579s.jpg
似ている!!? Xレッドグラスで、非Fa。

上の個体と同じ血統
DSC07577s.jpg
かなり大きな背びれのものが多く出てます。

もともと国内流通していたと言うので、商品名にハイドーサルと付いていなくても
案外入手できるものなのかもと考えてしまいます。

プレ企画を行ったおかげで、ハイドーサルを交換してもらえるというお話をアチコチから頂いており、
うちにいる大きな背びれの♀と、貰ったハイドーサル、おなじ遺伝を見せるのか調べていきたいです。

↓↓ よろしければ応援クリック!お願いします!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ


【2011/05/30】 | グッピー飼育品種
トラックバック(0) |

ハイドー
UZUSHIOREN403
遺伝の仕方を見るかぎりではFaなんですよね 
高さがでるのが台湾で横に広がるのが日本版かな?
ただ、元は同じ遺伝子じゃないかな?って思います。
まだ結果待ちなんですけど  


もと
WEB上の情報をみるかぎり、そうらしいですね。
元の遺伝子がおなじかは、わかりませんが

ダブルになった時、交配難にならなければ素敵です。


blueguppy111
ハイドーサルはFaよりわずかに背びれが大きい感じ、立派な背びれのFaのグッピーを持ってたら
あまり変わらないような感じですね。
遺伝の検証を楽しみにしてます。


もと
★blueguppy111さん

海外サイトを見ても、常優遺伝という意見が多いですが、
まずFaを増やしてみないと感覚がつかめないです・・・

優性だとして、ノーマルと確実に見分けられるかどうか。
背びれの伸び方の個体差が大きいと面倒ですね。

Faもすごいのはすごいですからね!
Fa親を買ったので子がどうなるか見てみよう!

コメントを閉じる▲
単色尾ひれに模様を入れるのは難しいと言われていますが、
軽い気持ちで出来るものではありませんでした・・・

品種交配の成功例というのはよく聞きますが、大部分は失敗に終わるわけで・・・
失敗例ってなかなか公開されないものですがこのブログではどんどん公開していきます。

DSC07288s.jpg

多くの個体はホワイトグラスとほぼ同じく、尾ひれの下部だけモザイクを表現しています。

DSC07294s.jpg

ホワイトグラスとホワイトモザイク、
この組み合わせ、♂の因子はYホワイトでXはグラスかモザイクという構成です。
斑紋を強く表現させるにはYにグラス・モザイクを持っているものの方が良いのでしょうか?

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ


【2011/04/19】 | グッピー飼育品種
トラックバック(0) |
ホワイトグラスの作成はホワイト好きにとって、
必ず通らなければならない課題なのです。

YホワイトのXグラスです。
DSC07282s.jpg

グラス模様を尾ひれ上部にも配置することと、グラスの赤を消すこと。
この二つの別々の問題をクリアしなければなりません。

後者は、アイボリーグラスを使うことで解決できると踏んでいます。
前者はどうするか!?たまに出てくる良い個体から固定できるでしょうか??


たまに赤紋のない、グラスの散りばめられた個体が出たと思ったら・・・
DSC07278s.jpg
惜しい!
なぜここでスワロー!これはノーマルでいいのに!


巷のウワサどおり、ホワイトグラスは簡単ではないということでした。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ


【2011/04/17】 | グッピー飼育品種
トラックバック(0) |
以前ダイアリーで紹介したマゼンタホワイトのその後です。

DSC07102sm.jpg

完全に成魚のはずなのに小さい、尾ひれも小さいです。

DSC07104sm.jpg



綺麗なんですけど、レッド&ホワイトを組み合わせたグッピーは
紅白が有名ですし、コーラルホワイトテールもいるし・・・
マゼンタファンってあまりいなそうですし、存続させるか悩み中です。

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ


【2011/04/15】 | グッピー飼育品種
トラックバック(0) |
大地震から今日でちょうど1ヶ月、ここにきて震度5弱の大型地震が来ました。
この程度なら、物は倒れましたが崩れはしませんでした。
ダイアリーのデザインのほうが崩れかかっております。

今記事を書いている間にも、震度3と震度4が来ており、いやな感じがします。

さて、埼玉のグピ友から送られてきたピングーよりうまれたゴールデンピングー。
ゴールデンピングーは、なぜこれほどまでにピンクなのでしょうか?
DSC07213s.jpg
DSC07216s.jpg
さくらの季節にマッチした色合いです!
他の品種では見られない発色。

下地の沈着色のようにも見えます。
ボディのメタルは透明感のある輝きで、かなり美しいです。

この品種ををヴァイスにしたらどうなるのかとても興味があるので、現在交配しています。
尾ひれにもピンクが乗っているので、これを大事にするためドイツイエローとは交配しません。
イエローテールが乗ると尾ひれをベタ色にしてしまうので。

ヴァイス(ドゥンケル)ギャラクシードイツイエロータキシードからうまれた、
イエローテール抜け個体を交配相手に選びました。
DSC07206s.jpg
Xイエロータキシードのイエローテール抜け(多分)・Yギャラクシーです。
DSC07209s.jpg
DSC07204s.jpg
r入れてませんが、突然変異のrrブラオだったら怒るで!!

タキシードはコブラを抑制する因子ですので、ギャラクシーはプラチナ表現のみになっています。
そのプラチナも、明るいヴァイスのボディでは光沢は弱まっています。

ピングーがでるのは2世代=約半年後・・・長いなぁ。

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ


【2011/04/11】 | グッピー飼育品種
トラックバック(0) |

No title
uzushioren403
ヴァイスドイツイエローテール抜け、これはこれで凄く綺麗ですね。

No title
コメット@もと
★uzushioren403さん
シンプルな配色ですが綺麗です!尾ひれにもタキシードの延長のようなグレーが乗っているので、ピングーにしたとき尾ひれもピンクになりそうです。

No title
uzushioren403
シンプルな中にも清涼感があるというか
いろんな可能性を詰め込んだ感がありうらやましいです^^

Re: No title
コメット@もと
ブラオっぽい配色なのが気になりますが・・・
清涼感ですね。半透明のタキシードがかなり気に入っている表現です。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。