国産グッピー飼育日記ブログです。品種創作・グッピー販売情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSC08155s.jpg

グッピーの品種交配をしている方にはおなじみかもしれませんが、
隠れている模様が表現形質にでてくることがあります。

ほとんどの場合そういった個体は残すことはありませんが、
うちの場合、綺麗なら残しています。そして遺伝型の特定、あわよくば固定→品種化。

写真の個体、購入したゴールデンアメリカンホワイトのXが隠し持っていた水玉模様で、
コーラルの♂と交配させることで出現しました。

YドイツイエローやYアメリカンホワイトとの掛け合わせでは、この模様はまったく現れませんでしたが
Yが単色尾ひれの♂以外との掛け合わせでは、模様がくっきり出ています。
グラスの♂とのかけあわせでも同じような模様になりました。


DSC08156s.jpg
尾ひれがオレンジ色なのは、Yコーラルとリンクした因子の影響と思います。
空白部分はうすい白色になります。

DSC08170s.jpg
他の個体も、模様が崩れていても大きなスポット模様。

ちょっと似た表現としては、
信州のグッピー専門店スタジオ ポエキリアの、最新のグッピー情報より、
「ドットパールというもの!」の記事で大きな水玉模様の個体が紹介されています。
(ディープリンク禁止なので探してみてください)

F2を得るための交配用のF1ですが、予想以上に綺麗なのでXをそろえる方向で残していきます。

↓ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければクリック!!お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
にほんブログ村


【2011/07/03】 | グッピー作出中
トラックバック(0) |
WEB時代のプロモーションを成功させるコツとして、
「情報を過度に提供しない」というものがあります。
すべての情報が手にはいってしまうと、飽きが早いってことです。
ある程度、非公開なものがあるほうがよいのです。

ここで紹介するグッピーの因子構成も、ナイショってことで。
表現を見て、ご想像にお任せしましょう!


全身紫色のグッピー

DSC07916s.jpg
結構頑張って作ったんですよ!

DSC07907s.jpg
色が薄いです。これから濃いのを作れるか??

DSC07919s.jpg
Rrじゃないです。

いやー隠すほど高度なものでは全くないし、見たら一発、わかるひとにはわかります。
でも試してる人を知らないので・・・

そういうのって秘密にしたいじゃないですか・・・
でも見せたいじゃないですか・・・


↓↓ よろしければ応援クリック!お願いします!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ


【2011/06/08】 | グッピー作出中
トラックバック(0) |

( ̄~ ̄;)
UZUSHIOREN403
ウチにはこの因子両方いないんで挑戦はまだまだ先になりますね。 


もと
★UZUSHIOREN403さん

ごゆっくりでもまだまだ大丈夫そうです。相当数出回っている因子のはずなのに、改良種の話はほぼ0ですね。みなさん交配に使用していないのでしょうか?

(*^□^*)
UZUSHIOREN403
たしかマゼンタと交配してピンクを目指してたのがいたような 

でもいわれたらこの組合せは見ないですね。

少し前までadvの三重劣性狙ってましたけど


スー
モト君、こんにちは、

今度は、先に出されちゃったなあ-。(^^;

同じ物、勿論います。黒染みのない、これをもっと発展させた物もいます。

こっちにも見せたいものは一杯あるんだけど、あまり情報がないのもいけないですね。

もっと、頑張らなくては。






もと
★UZUSHIOREN403さん

advはどのような色になるのでしょう??
とくにdとvの共存でどうなるか、とても気になります。
わたしはRREAがあまり好きではないので、
lbdv作成をめざして今交配中です。


★スーさん

しばらくブログを更新されていなかったので、
先に出しちゃいました!
意外とノーマル体色のこれは誰もやってないかなと思いましたが・・・
ノーマルで固定しようと思っていましたが、やめようかな。
明るい体色のやつの発表お待ちしています!


UZUSHIOREN403
advはレッドテールタキシードだと多分ご想像の通りだと思います。
フルパープルをRrしたらどうなるのかが気になります。


もと
★UZUSHIOREN403さん

想像通りだとしても本物を見たら絶対コーフンするでしょうね!!フンフン!

Rrにしたら光沢強くなるかな??不明です。。

コメントを閉じる▲
今年にはいってから、グッピーマニアの間で
ホワイトギャラクシーとホワイトコブラをつくるのが流行だそうですよ!

コンテストブリーダーの方からそんな情報をいただきました。


わたしもギャラクシーとコブラをホワイト化するのに関しては
別の親からつくった3系統、
水槽数を惜しまずチャレンジしてます。

コブラがはいったグッピーは尾ひれの色がボディの色に近くなってしまいがちです。
ホワイトテールを入れてもコブラがあると、ホワイトにならないんですよね。

こんな感じに。
gpwpt03s.jpg
グッピーブリードを始めた頃から大事に大事に飼っている血統のギャラクシーホワイト。

ボディが青緑系になると尾ひれも青緑系に・・・


これはこれでいーのですが、「ホワイトギャラクシー」の名称たりえるには、
ギャラクシー(コブラ)がホワイトでなくては!と思うのです。

だから↑は一応、「ギャラクシーホワイト」と呼んでいます。



「ホワイトギャラクシー」と呼びたいのです!
こっちのほうが美麗感を感じさせる名前ではないですか!?

別の血統ではそれっぽいのが出来てきまして、興奮しているところです。

DSC07906s.jpg
ギャラクシーも白くなりました!

DSC07904s.jpg

DSC07901s.jpg
これは、ホワイトギャラクシーと呼んでも良いでしょうか!?



↓↓ よろしければ応援クリック!お願いします!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ


【2011/06/06】 | グッピー作出中
トラックバック(0) |

うぬぬ
UZUSHIOREN403
下の3枚は同一個体でしょうか?
素晴らしいの一言です。


とり~た
おぉ~!素晴らしいですね!
ホワイトコブラ!ホワイトギャラクシー!
ここまで尾鰭のシミを抜くのはかなり苦労なさったんじゃないですか?

っていうか、ホワイトゴブラって流行ってるんですねw
何気に自分がやってることが、流行ってたりすると、
なんだか嬉しくなっちゃいますね♪


もと
★UZUSHIOREN403さん
同一個体です!
ほかに同じ色が3匹おります。
地震直前に生まれて生き残ったやつらです。



★とり~たさん
コンテストの表には出てこないが、
試している方が結構いらっしゃる、
という話も別ルートから聞きました。
何の流行でしょう??たしかに綺麗ですけれど。

なるべく白が厚みのあるホワイトテールを使うのがポイントだと思ってます。。

じつはこれF2で、今のところ、とくに苦労はしていないのです。
白が薄いと、ボディのコブラの影響で尾ひれの下側に模様がついてしまいますね。

まだ3ヶ月で、あとは尾ひれがよく伸びるかどうか!?

コメントを閉じる▲
大きくなってきたホワイトグラス

DSC07883s.jpg

DSC07885s.jpg

1匹だけ尾ひれ上部にもグラスが入るものがいたので、これを親にしよう。

プレゼントで放出したものはこいつの兄弟なので、送り先でいい個体が出ているかも。


尾ひれ下部は相変わらずXの因子の影響を受けやすく、レッドグラスの赤がのぞいているので、
アイボリーをいれて赤消しを狙います。

ボディの赤も消えるけど!


↓↓ よろしければ応援クリック!お願いします!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ


【2011/05/27】 | グッピー作出中
トラックバック(0) |
マゼンタ因子はもともとややこしい表現ということもあり、
今のところ創作用途ではあまり利用されていないようです。
キレイなデルタ型尾ひれになりにくかったり、
ボディの色が複雑なので他の因子との綺麗な組み合わせが想像しにくいのでしょうか。

アメリカンホワイトのマゼンタ化も試しています。
ほとんど♀で、♂が3頭のみ。
マゼンタホワイト
上がゴールデン、下がノーマル。どちらもソリッドを入れてます。
尾筒から白いものと、そうでないものが出ました。
ゴールデン個体はピンク色の透き通ったボディがとても美しいです。

ヒレの伸びるアメリカンホワイトを交配に使ったのですが、たしかに尾ひれの伸びは悪いです。
尾ひれがしっかりデルタになるマゼンタも巷では流通しているようなので、
そちらを使えば改善されるのでしょうか。

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ

【2011/03/01】 | グッピー作出中
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。