国産グッピー飼育日記ブログです。品種創作・グッピー販売情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通常、グッピーの遺伝は、「ボディは♂から、テールは♀から」と言われています。
これは、ボディの色、模様を決めるのはY染色体上の遺伝子が、ヒレの色、模様を決めるのはX染色体上の遺伝子が関わっているからです。
「ボディは♂から、テールは♀から」の法則を覚えておけば、品種交配において
次世代の色、模様をある程度予測することができます。

しかし雑誌などの注釈にあるように、「グッピーの染色体上の遺伝子はよくXとY間で、あるいは性染色体から常染色体へ移る」わけです。
つまり「レッドテール」だからといって、X上にレッドテールがあることは通常予想できますが、そうとは限らないのです。

前置きが長くなりましたが、モスコーブルー♂と、グラステールの♀をかけ合わせることで興味深い個体が得られました。

モスコーブルーグラス

常染色体上のr(ブルー)遺伝子に起因しない、ブルーのグラステールになりました。
尾ひれの中央の色ぬけは今後改善されるのでしょうか?

モスコーブルーを構成する因子は、♂ではYメタルXブルーテールと思っていましたが、
うちのモスコーブルーはYもブルーテールを持っていました。
モスコブルーグラス2

グラス表現の♂は、白っぽい明るい色のグラスと、ブルーテール上に薄くグラスが乗る2通り現れました。

♂♀共にF1で長い背びれを持っている個体とそうでない個体がいます。
モスコーブルーはすべて背びれが長かったので、背びれを長くする要因は
常あるいはXにホモで揃っている因子だと思っていたのですが、その場合
F1ではすべてへテロ、優勢ならすべて長い背びれになるはずですので、
常、性染色体上のひとつの因子による単純なものではないのかもしれません。


グッピーの遺伝は、「ボディは♂から、テールは♀から」は必要最低限覚えておく必要はありますが、
固定概念を持ってはいけないことを実感しました。
やはり試すことが重要ですね。

アメリカンホワイトについても、電話でお話したグッピーマニアの方が、ホワイトはYではなくXだと言っていたのですが、
うちのアメリカンホワイトはYにもホワイトを持っている個体がいるような気がします。
Yホワイトだとすると、色々なテールの個体にホワイトカラーを入れられるので、夢が広がりますね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
関連記事

【2010/12/16】 | グッピー作出中
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。