国産グッピー飼育日記ブログです。品種創作・グッピー販売情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今までグッピーは自分の6畳部屋で飼育していました。
しかし水槽数が多くなるにつれ、投込式ヒーターでは電気代がかかりすぎるということで、
11月からはエアコンを稼動させていました。

これで冬は自分も暖かくすごせるぞ!と思っていたのですが、
ヒーターと違いエアコンは部屋を閉めていなければならず、
湿度がとても高くなってしまい、逆に不快でした。

また、ただ湿度が高いのではなく、さかなを飼育している水が蒸発するので、
部屋に服などを置いておくと、魚屋さんのニオイがうつってしまうのです!

さすがに厳しいので、近所の激安アパート(6畳)を借り、グッピー専用部屋をつくりました。
引越1
まずは水槽の移動の前に、床面に木製の板を敷き詰め、棚の重みと水で床を傷めないようにしました。
床板は6畳分で3000円ほど。

そしてその上に防水シート(ダイソーで6枚購入)。
引越2

それでも水がこぼれればスキマから浸透してしまうかもしれないので、お古のカーペットなど吸水できる素材をさらに敷いてあります。

中古エアコンは3年前の機種で新しく、設置工事込みで28000円の激安でした。
エアコン


棚を設置し、水槽を運び込みますが、水槽は丸洗いをしてから移動します。
引越a
水槽内の魚はペットボトルにいれ移動しました。

水槽は車で運ぶのですが、丸洗いして新居でセッティングするのに、1日で8水槽くらいが限界でした。
夜、仕事から帰って水槽運びはしんどいです。

ここで問題が。
いままでエアレーションは80L/分の大型ブロアー1個でまかなっていたのですが、
引越し中、自宅とグッピー専用部屋の両方でブクブクが必要なことに気づきませんでした。

すぐにブロアーをひとつ注文し、届くまでの間は小さいぶくぶくでなんとか対応、
中途半端に移動させてしまったので新居の水槽棚が足りず、一部の水槽は床置きです。
引越3

完全に引越を終えるまでは、自宅と専用部屋、両方でエアコンを付けているので電気代が恐ろしい事になりそうです。

エアコンを稼動していても床面はけっこう寒くなるので、出産間近の魚は上のほうに置いています。
今は部屋上下の温度差を少なくするため、サーキュレータを使用しています。

6畳部屋で、30cm水槽だと100個くらいは置けそうです。
まわりの友人にはグッピーファームとよばれています。


いままで自分の部屋で水槽を管理していたので魚を過保護にしていました、
パソコンデスクのうしろを振り返れば魚がいたので癒され、また
エアレーションの音が大きく、自宅での勉強などに集中できない問題がありました。

これからは、ファームにいる時はキッチリ世話をし、家にいるときは家のことをする、
メリハリのある生活をしていきたいと思います。
にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
関連記事

【2010/12/14】 | 飼育ねた
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。