国産グッピー飼育日記ブログです。品種創作・グッピー販売情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカンホワイトと品種交配好きの私にとって、避けられない交配の組み合わせです。

この交配において、3つの興味ある点があります。
①交配に使ったアメリカンホワイト♂がYホワイトかどうか
②白い単色尾ひれの上に黒い点がどのように乗っていくのか
③レッドグラスを使用すれば尾ひれが赤に傾かないか

①については単純に確認したいだけで、
 Yホワイトだったら、今後Xホワイトとは違う魚が作れるなぁという期待です。


②は、この品種が難しいといわれているところですね。
 尾の伸長と共に黒い色素が形成され、分かれるようにグラス模様が成長していくのか、
 白い尾ひれの上にポンと黒点が出てくるのか、黒い点の下は白なのか透明なのか
 また白に支配され表現しないのか、黒点が小さくなるのか混ざって灰色になり流れるのかなど・・・
 いろんなことを想像します。
 
 グラス模様の下が透明かどうか知りたいので、RREAのグラスを使いました。
 黒点の下が白色ではなく透明なら、RREAホワイトグラスも作れる可能性がありますね!

③赤が混ざったらそれはそれでおもしろいし(ピンク?)、純白ならなお良し。

まだ小さいですが撮影しました。

ホワイトグラス稚1
F1のノーマル尾ひれ。これでXホワイトでないことが判明。
まだ小さいので模様はこれからですが、貧弱なグラス模様な気がします。

ホワイトグラススワロー稚
スワロー
黒点は流れることなく、きれいに収まっています。


ホワイトモザイクも同時進行していますのでそのうち写真撮るかもです。

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
関連記事

【2011/02/13】 | グッピー作出中
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。