国産グッピー飼育日記ブログです。品種創作・グッピー販売情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとつ前の記事で金色のグッピー・エルドラードを紹介しましたが、
ノーマル体色では現在最も白っぽいグッピーではないかと思います。
hw
ハクホワイト。白銀色です。

尾ひれの根元に1粒の黒い点がはいりやすい品種ですが、ヒレ自体には黒いしみはでません。
クリーム色っぽいしみが出る個体はでます。

hw2

暗い場所ではやや青みがかったカラーになります。

他品種と交配した結果では、常染色体のソリッドと、Yにプラチナ、Xにアメリカンホワイトという構成のようです。

hw3
こちらが♀です。尾筒の上部がメタリックに輝く個体がソリッド因子を持っているようです。
※REDさんからコメントをいただき、アメリカンホワイトで尾筒の白くなる♀がいるという情報をいただきました。
わたしが飼育している6系統のアメリカンホワイトはすべてXホワイトを持っていますが、
♀の表現がまちまちで、尾ひれが白、水色、黄色、透明がいます。
尾筒上部が顕著に白い♀というのはこのハクホワイトのみですが、
♀尾筒の表現というのも、血統により違うのでしょう。

とてもきれいな品種ですが、うちの血統は純系アメリカンホワイトほど大きな尾ひれにならず、♂もやや小さいです。


そろそろ家の者がデジカメを返してくれそうなので、ネタになる品種を撮影できそうです。


※グッピーは遺伝学の知識が必要になる魚です。
有名グッピー専門店でも間違いもあり、
名称と表現が違う個体が販売されていることもよくあります。
遺伝学はとても難しいので、そういったミスもある程度は仕方がないことではありますが、
グッピーのマイナー因子の遺伝情報は専門誌にも掲載されておらず、
個人のHPやブログの情報を頼りにしている方も多いと思われます。

わたしも誤った情報はなるべく出さないようにしていきたいと思いますが、
このブログの記述に間違いを見つけた方、異なった考え方をお持ちの方おりましたら
コメントで教えていただけると助かります!

過去の記事にもいくつか間違いを見つけてあるので、少しずつ訂正していきます。
※マゼンタは、Yではなく常染色体優勢らしいです。

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
関連記事

【2011/01/13】 | グッピー飼育品種
トラックバック(0) |


RED
尾筒の上部がメタリックに輝く個体がソリッド因子を持っていると書いていますけど、アメリカンホワイト単体でもこうなります。よってソリッド因子の判断にはなりません。

Xホワイト♀の発色
☆コメット☆もと
REDさん、
ご教授下さり、ありがとうございます。
アメリカンホワイトでも、血統ごとに♀の表現も異なりますが、
尾筒上部が白銀になる血統がいるとは知りませんでした。

ノーマル体色のXホワイトでも♀の尾ひれが透明なもの、
白、水色、黄色のものがいることは確認しました。

経験地の低い飼育者ですので、これからも間違いがあれば教えてくださると助かります。


RED
血統ごとに♀の表現も異なるというのは個体差です。基本はほぼ同じ特徴、同じ表現です。
この記事ではありませんけど、少しでも遺伝のことを書くのでしたら、せめて劣勢ぐらいきちんと書きましょうよ。正しくは劣性です。本やネットの受け売りと言ってるようなもので恥ずかしいですよ。

Re: タイトルなし
もと
REDさん
×劣勢 ○劣性 これは恥ずかしい!固体並みに恥ずかしいです。
ご指摘ありがとうございます。

基本は同じ表現・・・確かに普通はそうですよね。
ただ別の因子の存在や、それによって表現される下地との組み合わせによっては
本来とは異なる表現になったり、抑制されたりといったことはあるかもしれません。

アメホワでもある血統の♀はすべて白い尾ひれ、この血統は薄いクリーム色になったりはします。
白~クリーム位の差は個体差である可能性があります。
別の血統は透明尾ひれ以外出ませんので、白と透明は個体差というよりも、
血統である程度固定がされているようなので 血統の差といえるような気がします。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
尾筒の上部がメタリックに輝く個体がソリッド因子を持っていると書いていますけど、アメリカンホワイト単体でもこうなります。よってソリッド因子の判断にはなりません。
2011/01/20(Thu) 17:07 | URL  | RED #vAmAYXDc[ 編集]
Xホワイト♀の発色
REDさん、
ご教授下さり、ありがとうございます。
アメリカンホワイトでも、血統ごとに♀の表現も異なりますが、
尾筒上部が白銀になる血統がいるとは知りませんでした。

ノーマル体色のXホワイトでも♀の尾ひれが透明なもの、
白、水色、黄色のものがいることは確認しました。

経験地の低い飼育者ですので、これからも間違いがあれば教えてくださると助かります。
2011/01/21(Fri) 10:03 | URL  | ☆コメット☆もと #MV6sAcYY[ 編集]
血統ごとに♀の表現も異なるというのは個体差です。基本はほぼ同じ特徴、同じ表現です。
この記事ではありませんけど、少しでも遺伝のことを書くのでしたら、せめて劣勢ぐらいきちんと書きましょうよ。正しくは劣性です。本やネットの受け売りと言ってるようなもので恥ずかしいですよ。
2011/02/03(Thu) 17:30 | URL  | RED #vAmAYXDc[ 編集]
Re: タイトルなし
REDさん
×劣勢 ○劣性 これは恥ずかしい!固体並みに恥ずかしいです。
ご指摘ありがとうございます。

基本は同じ表現・・・確かに普通はそうですよね。
ただ別の因子の存在や、それによって表現される下地との組み合わせによっては
本来とは異なる表現になったり、抑制されたりといったことはあるかもしれません。

アメホワでもある血統の♀はすべて白い尾ひれ、この血統は薄いクリーム色になったりはします。
白~クリーム位の差は個体差である可能性があります。
別の血統は透明尾ひれ以外出ませんので、白と透明は個体差というよりも、
血統である程度固定がされているようなので 血統の差といえるような気がします。
2011/02/06(Sun) 04:32 | URL  | もと #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。