国産グッピー飼育日記ブログです。品種創作・グッピー販売情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1弾グッピープレゼント企画好評開催中です!
応募期間は5月10日いっぱいです。

大地震のあった3月、停電は1日のみでしたが、世間が節電モードのため
設定温度を24~22度に頻繁にスイッチ、風量を弱にしたりと色々がんばりました。
除湿機は地震で床が水浸しになった分を吸い取るために使用。
3月下旬はすこし暖かかくなってきたので、電気代は安くなるはずと思っていました。

さかな部屋を作る予定のある方の参考にしていただければ幸いです。

【グッピー部屋の基礎情報】
○木造和室6畳+押入れあけっぱなし1畳

○水槽 30cmが90本位

○平均温度 天井部24℃ 床面付近22度

○エアコン概要
 パナソニックCSH229A 設定温度22~24度・弱~強風・24時間稼動

○他の電気器具
 扇風機1台 常時稼動
 照明(20ワットの蛍光管を4本、夕方~夜のえさやり時のみ点灯)
 ブロワー80L/分 3個 常時稼動
 除湿機(250W)象印ゼオライト方式の6L容量 1週間稼動


【2011年3月の電気代】
消費電力: 592kwh
電気代: 14208円
(1kwあたり24円)


1月から比べると、大分下がりました!
冬もこれくらいに抑えたいものですが、床面付近22度はすこし低いので、
底においてある水槽のグッピーの成長は明らかに遅く、出産成績も悪いです。

これからの時期は1万円を下回るはずです!


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ

スポンサーサイト

【2011/05/07】 | 熱帯魚部屋の電気代
トラックバック(0) |
第1回・国産グッピープレゼント企画の結果発表です!

予想以上に多くの方にお送りすることができました!
一部の方には希望品種や数を変更していただいたり、発送が遅れたりの不手際がありましたが、
柔軟に対応していただき、ありがとうございました。今後の課題といたします。

発送作業はたいへんでしたが、貰われていったグッピーは
広々とした水槽で大事に飼われていくことでしょう。
20110515.jpg

当選数 18人
発送匹数 合計674匹
 !!

発送した数を数えているという己のマメさにちょっと感心、
そしてこれだけ大量にグッピーが余っていたことに驚きです。

企画当初は、ぜんぜん応募がなかったらどうしようと心配でしたが・・・
ほっとしています。

もちろん第2回も検討中ですので、今回出遅れた方や当選者の方もご応募くださいね!


さてこの企画の趣旨ですが、
ひとつは、グッピーの面白さの品種交配に触れてもらうために、
あえて雑種やミックスだけを提供しました。
次世代は品種もよくわからない魚が出てきますが、その中から
お気に入りの魚を見つけていただければと思います!


そしてもうひとつは、グッピー友の繋がりをつくる、ということです。
お送りしたグッピーの交配に成功したら次は、
自分の好きな組み合わせの品種を交配したいと思うでしょう。
そんなとき、グピ友の繋がりがあれば情報交換も魚の交換もしやすくなります。

今回ご応募いただいた方からも、すでに交換のオファーをくださっている方が複数おり、感激しています。
思いもよらないすごいグッピーを手に入れられるのも、人の繋がりならではです。
DSC07647s.jpg
当選者のブリーダー、もすけ様より交換で頂いた、アンモライトレッドテール(写真)。
その他色々!ありがとうございました!

こちらもすかさず発送!
DSC07629s.jpg
2匹しかいなかった、とっておきの自作ラベンダーグラス!の1匹をお送りさせていただきました。


あとはこのブログを読んでくださっている方々で、繋がりを作って頂けるような場を提供していきたいです。
たぶん、ツイッターが最適かな?
ツイッターは写真で自慢もできるし、書き込みは簡単だし、直接メールもできる。
わたしのアカウントにフォローしてくださっている方たちも、グッピー話ですでに盛り上がっています。
みなさまもぜひご参加くださいね!


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ


【2011/05/15】 | その他
トラックバック(0) |

お疲れ様でした!
ももちぃ
本当にお疲れ様でした!!
きっと喜んでいる方が大勢いらっしゃいますね。
裾野を広げる活動の第一弾、
本当に頭が下がる思いです。

一部のマニア同士で閉鎖的に内々で、
というよりも
皆で楽しんでいけるといいですよね♪
これからも応援しています!!(@^^@)

No title
もと
★ももちぃさん

交配はやっぱり面白いですからね!
なぜ面白いかというと、自分だけの品種が作れる、
ってトコロでしょうか。

「自分しか持っていない」というのは
マニア心を刺激するものなので、
他者と「開放的」に情報と魚を収集し、
自分だけで「閉鎖的」に楽しむ、というのもいいかもしれません。

自分も非公開なものは非公開なんで・・・

コメントを閉じる▲
グッピー友達のお付き合いは、
いつサカナが到着してもいいように、水槽を常にあけておきましょう!!
結構フル稼働しがちな水槽ですが、かなり重要です。
空き水槽がないと、魚を交換できませんから・・・

20110520.jpg




さてさて、グッピーの品種交配推進ネタ、
グッピービギナーズ記事第2弾です。


前回でも紹介しましたが、基本、「グッピー」と名のつく魚は
すべて、別の品種同士で交配できます。
そして、別品種をかけ合わせると、
そのペアから産まれた子供は、♂と♀の特徴を受け継いだ
模様、形になることは想像できると思います。
(今後はこれを「遺伝する」といいます。)


わかりやすく、
例1をみてみましょう。
ブルーテールの♂とレッドテールの♀を同じ水槽で飼育し、子を得るとすると、
おそらく子の♂はこういう色になります。

ビギナー1


なぜ、親♂がブルーテールなのに子供は青くならないのでしょうか?
親♂の影響はいっさい受けていないように思えます。



例2です。
上半身が金色に輝く、プラチナブルーテールの♂とレッドテールの♀をかけ合わせると、
子の♂は、こうなることが予想できます。

ビギナー2


例1とおおかた同じですが、プラチナは♂に残ったまま、
親♀のレッドテールが子の♂に受け継がれ、
親♂と親♀の影響を半分ずつ受けているように見えます。


例1の♂は親♀の影響のみ、
例2の♂は親♂と親♀の間の子・・・
この違いはなんでしょうか?



じつはグッピーの品種は、いくつかの色や模様のパーツ(遺伝子)が集まって、
その組み合わせによってできています。

そして、パーツによって遺伝のしかたが違います。
たとえば、親♂の上半身あたりの金色に光る模様は、
その子の♂も孫の♂もおなじ特徴をもって生まれますが、
親♂の尾ひれの黒い点々模様は、その子供には受け継がれず、
孫の代でようやく点々模様があらわれます。
しかし親♀のヒレに点々があれば、子の♂にも点々ができます。
このように、模様の種類ごとに遺伝のパターンが異なります。

つまり、例1と例2で紹介した、
赤い尾ひれと上半身の金色は、遺伝のしかたが違う、ということです。


ここで、高校の生物の授業で出てくる「遺伝」のお話がとても役に立ちますが、
いろいろな遺伝の法則の名前は、ややこしくなるのでここではあえて伏せます。
必要最低限の専門用語は書きますが、
もっと知りたい方はググるか高校生物の参考書を調べてくださいね!


ところで、親♂・♀のどの部分の色・模様・形が子供に受け継がれるのか、
事前にわかれば便利ですよね。

じつはグッピーの色や模様の遺伝は、パターンがかなり解明されていて、
子や孫世代の色形を予想することができます。


どの部分の色・形・模様がどういう遺伝をするか
この知識を応用すると、さまざまな品種をかけあわせ、パーツを組み合わせることで、
世の中には流通していないニューカラーのグッピーをつくることができます!
お米のコシヒカリと奥羽292号を交配させて新しい品種あきたこまちを~
というのと似ていますね。

世界中にオリジナルグッピー作出に奮闘しているスーパーマニアさんがたくさんいます。
そういう方のブログを見つけて、遺伝の情報を収集できますし、
直販ショップでは絶対にめぐり合えない色のグッピーをWEB通販で購入して、
その品種を足がかりに新しい品種をつくっていけます・・・

ネオンテトラの飼育は皆同じネオンテトラ、
ピラニアの飼育も皆同じピラニア、
しかしグッピーの飼育は、交配すればするほど、たくさんの品種ができます。
ひとことでは語れないほど奥深い魅力を持っているのです!

オリジナルグッピー作出に興味を持たれている方は、
おすすめグッピーブログからベテランブロガーさんのサイトへ行き、
創作品種の写真で目の保養をしましょう!


次回は、グッピーの色・形・模様のパターンと遺伝を紹介したいと思います。

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ


【2011/05/21】 | グッピービギナーズ
トラックバック(0) |
アルバムをいじっていたら見つけました。
CIMG2871s.jpg
大学時代に、輝く虫を探しに中米のジャングルへ行ったときに撮影したものです。
実はムシ好きなのです!

ぼくは以前から生物の「色」にとても興味があり、
とくに、輝く生き物に魅了されました。
金属でもないのにキラキラ輝く生物に疑問が湧きました。

グッピーをはじめたのも、たくさんのカラーバリエーションがあることと、
グッピーが輝く色を持っていたことがきっかけです。。

こういう輝く色は、メラニンやカロチンなど
おなじみの「化学物質由来の色素」ではなく、
光のいたずらによるものです。
面白く言えば「そのものは青くないのに、青く見える」
難しく言えば「物理光学的な微細構造による、特定波長の干渉と反射」

かんたんに言えば、「油は色がないのに油膜は虹色に見える」
「青空は空気なのに青い」
写真のモルフォチョウの青色も、モノそのものに色がなくても、
ある条件が整えば発色する「構造色」といいます。

グッピーの色も、色素色と構造色があることは、
何人かのグッピーブロガーさんがくわしく観察しています。
ぼくもちかいうちに顕微鏡で調べたいと思っています。

アクアマリンやプラチナなどの光沢色は、
モルフォに近い「構造色」ではないかと思っています。
構造色の多くは、その発色には特定の光の入射角度が必要で、
そのため、Rrブルーやソリッドは撮影するときに
光の角度を間違えると、色が消えた状態で写ってしまいます。
DSC07801s.jpg
アイボリーやRrの撮影はとにかく難しいですね。この青も構造色と思います。

いっぽうレッドグラスやレッドテールなどの色素色は、
どこから見ても大体同じ色です。
DSC06678s.jpg
そして撮影も楽です。

この色素色の全方向視認性と、構造色の輝きが
同じ部位に重なって存在すると、幻想的な色になります。
アクアマリンレッドテールの尾筒部分などは写真では表せない幻想的な色ですよ!





持ってませんけど。




グッピーの尾ひれに赤と青のミックスカラーはできないかと、考えています。
見る角度で色が違ったら、さぞ綺麗でしょう!




余談ですがアイボリーやRrブルー因子は、
「赤や黄を消す因子」としてしばしば紹介されますが、
正しくは、「色素由来の赤や黄を消す因子」。。
変態交配屋さんはすでに発見済みかもしれませんが、
アイボリーやRrになっても赤色が残るということがありえるのです。
何かに使えないかな?


とにかくグッピーは色の多様性がものすごく、
その分発色の構造も多様っぽいので、
色々と遊ばせてもらいます!



CHRY.jpg
見せる度に「メッキしてるんじゃね?」と万人に疑われてしまうこがねむし(中米にて撮影)。


↓↓ よろしければクリック!お願いします!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ


【2011/05/24】 | その他
トラックバック(0) |
【グッピー部屋の基礎情報】
○木造和室6畳+押入れあけっぱなし1畳

○水槽 30cmが90本位

○平均温度 天井部24℃ 床面付近22度

○エアコン概要
 パナソニックCSH229A 設定温度22~24度・自動風量・24時間稼動

○他の電気器具
 扇風機1台 常時稼動
 照明(20ワットの蛍光管を4本、夕方~夜のえさやり時のみ点灯)
 ブロワー80L/分 3個 常時稼動


【2011年4月(3/23-4/22)の電気代】
消費電力: 545kwh
電気代: 13080円
(1kwあたり24円)


3月と比べて、1000円しか安くなってない・・・
この1ヶ月は相当暖かくなっていたはずですが。

目指すは電気代12万円/年 未満!!


↓↓ よろしければ応援クリック!お願いします!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ


【2011/05/25】 | 熱帯魚部屋の電気代
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。